2019年5月 1日 (水)

乳首開発

「いやいや、そんなにいちいち乳首で感じていたら授乳できないっしょ?」
チャットレディーのヒシヌマさんがあめ玉を口の中でコロコロ言わせながら首をかしげた。
シングルマザーのヒシヌマさんはチャットレディーとしては結構なお歳だ。熟女マニア(と言っても30代だが)にはたまらないのかも知れないとは言え、もうしわけないがそう美人ではない。ただ、ちょっとぽっちゃりめで愛嬌はある。
「オムツ代稼がニャなんねーからねー」とFカップはあろうかというおっぱいを両手で持ち上げながら笑う。もっとも、グラビアアイドルの美乳と言うよりも、いかにも子供を産んで母親の体になった生活臭漂うおっぱいなのだが。
僕はライブチャットでヌキたい時は、グラビアイドル的な女の子の美乳をチョイスするが、特にオナニー指数が高まらない時などは、ヒシヌマさんとのちょっとエロ交じりなほんわかトークで癒されている。
で、ちょっと大きめなヒシヌマさんの乳首を見て、赤ん坊に咥えられた時、どんな気持ち?と聞いた時の答えがそれだった。そりゃまあ確かにそうだ。
乳首責めされたい女子大生の私がTwitterの裏垢男子と絡んで学んだ事 「でもね、乳首が一番感じるんよ」ともヒシヌマさんは言った。前に付き合っていたカレシにさんざん乳首開発されたらしい。常に乳首に磁気テープを貼られていてすっかり敏感になってしまったとのことだった。ただ、そのカレシがあまりに乳首開発にこだわっていた反面、肝心のセックスがおざなりになり、挙句の果てに避妊に失敗して子供ができてしまい、認知もされずに、残ったのは感じすぎる乳首とかわいい息子だけだった、と言うオチでもあるそうだ。
つまり、ヒシヌマさんの乳首が大きいのは子供に授乳しているからかな?と思っていたのが、元カレに開発された名残でもあるらしい。
「うちの子ってさ、おっぱいあげてたら舌で乳首を舐めてくるのよ。その辺はあの男の血を引いてるわと思うねー」とヒシヌマさんは笑った。大きい乳首は赤ちゃんにも授乳させやすくその辺だけはカレシに感謝してもいい、なんてことも言ってた。
やがて「じゃあ授乳の時間だから、またね」と、ヒシヌマさんはオフラインになった。今頃は我が子におっぱいをあげているのだろう。片やセックスにおいて興奮を高める性感帯であり、片や子供の命をつなぐ生命線。おっぱいって神秘的だな、と僕は自分の乳首を見ながらちょっと思った。


勃起クリトリス
乳房責め

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ